王様の耳は

アクセスカウンタ

zoom RSS 「もしも明日が晴れならば」について1 前書き編

<<   作成日時 : 2007/11/11 00:16   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 というわけで(どういうワケだ?)、「もしも明日が晴れならば」、通称もしらば、について熱く語っていきたいと思います。ご用とお急ぎでない方はどうぞ。

 あ、今回は、もしらばを既にプレイしたことのある人、もしらばの何たるかを知っている人には今更というか釈迦に説法な内容になると思うのでスルーして下さっても構いませんよ。

画像



@もしらばと泣きツボとロバの耳

 「もしも明日が晴れならば」は、ぱれっとというメーカーが2006年の2月に発売した美少女AVG、要するに18禁のエロゲーです。従って、18歳未満の良い子のお友達は「やってみようかな」と思っても買えません(それ以前に買いたくても買えない状況です。後述)。運がよければコンシューマ版が出るかもしれません。大人しくそれを待ちましょう。

 で、↑のようなことを言っておいて何ですが、この作品はお勧めです。感動します。泣きます。いや泣かない人もいるでしょうが僕は泣きました(胸張って言うことじゃありませんが)。どうも僕は泣きのポイントがちょっとズレているようで、TVドラマではまず泣かない、映画は他の人が泣かない変なところで泣いたりしますが、漫画やアニメなんかは割とダイレクトに泣かされることが多いです。最近では京アニ版「Kanon」の第10話ですね。開始後5分で涙腺が決壊しました。
 そんな、すぐ感動してしまう僕が、文句なしに、ここ最近でいちばん泣かされてしまったのが、このもしらばというわけです。

 僕がこの作品の存在を知ったのは割と最近です。買ったのはもうちょい後、8月です。で、9月入って始めて10月の初めにコンプしました。もうかれこれ1か月近く経ちます。

 なのに、いまだにもしらばの世界にハマっている状態です。社会復帰が出来きってません。ちょっとヤバいですね。

 インターネットはやるけどブログに手を出そうとは露ほども考えていなかった僕が、こんなブログを立ち上げたのは、だから、ガス抜きというかリハビリです。「もしらば最高!」って思いの丈をぶちまけられればいいんですけど、実生活でなかなかそういう場はありません(僕の周りにいる連中は映画やアニメには熱いのですが、ゲームには冷淡なのが多いのです)。といって言わないで溜めておくのは精神衛生上よくない。「王様の耳は……」じゃありませんが、こっそり言いたいことを言える場が欲しかったワケで。

 あんまりもしらばの紹介になっていませんが、とりあえず、「コイツがこれほど言ってるんだから、ひとつやってみようかな」と思っていただけたら幸いです。



……えーと、ここまで煽っといて何ですが、現在、この作品は生産が終了していて店頭にはまず置いてありません。ネットの中古販売とか見ても1万5千円とか2万円とか頭がくらくらする値がついています。

 秋葉原の中古ソフトを扱うショップなどを探せばもう少し良心的な値段で置いてあることもあります。僕は定価+αで購入しましたが、ポイントは、見つけたら(そして定価+1000円くらいの値段であれば)即購入すること。迷っていたら、確実に他の誰かに買われてしまいます。 

 もしらばに限りませんが、ロットアップした作品でちょっと評判になるとすぐ値が高くなるというのはどうにかしてほしいですね。

 なんか本能の赴くままに書いていったらいつまでたっても終わりそうにないので今回はここまで。ぜんぜん中身の紹介になってませんがそれは次回と言うことで。さっきも言ったようにリハビリみたいなものなんで、気長に付き合ってやってください。ではでは。

画像




↑押してくれると心が癒されます

web拍手を送る



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「もしも明日が晴れならば」について1 前書き編 王様の耳は/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる