王様の耳は

アクセスカウンタ

zoom RSS 冗談はよしこさん、なんてことを言ったりしてからに!

<<   作成日時 : 2008/03/09 20:49   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 4

 こんばんは。よくある話ですが今日も簡易更新なmiyaという者です。


 今日は朝いちで結構miya的にショッキングなニュースが飛びこんできました。


【訃報】声優の広川太一郎さん死去



 ………誰かウソだと言ってorz



 アニメ、それも最近のアニメにはあまり出演されていない方なので、三十歳以下の人には知名度低いかもしれませんね。ただ、TVのナレーションとかは割とやっていたので、声を聞けばわかるかな。

 僕みたいに、子供の頃、テレビの「吹き替え+CMカットしまくり」の洋画で映画に親しんだ人にとっては、この人の名前は特別な意味を持っているのではないでしょうか。二枚目から三枚目、コメディからシリアスまで、どんな役柄でも幅広くこなし、吹き替えという表現形式で映画の楽しさを教えてくれた声優さんの一人です。

 それと、広川さんを語る上で欠かすことが出来ないのが、記事タイトルでもパクらせてもらいましたが、コメディ映画における、
独特の喋り。「広川節」と呼ばれるそれはもはやテクニックを超えて一つの芸術と言ってもいいくらいでした。 
 そしてギャグ、特にアドリブ重視のギャグですね。僕らの年代(って、トシがバレるぞ)でアドリブの何たるかを教えてくれたのも広川さんです。何しろ当の俳優さんが喋ってないシーンでも勝手にギャグを入れちゃうくらいですから(俳優さんが後ろを向いてるシーンや画面から外れたシーンが要注意でした)。
 香港映画の「Mr.Boo」(これは未見)とか、「ヤング・フランケンシュタイン」とか、オリジナルより面白いと吹き替えファンに今でも高く評価されているのは、一にも二にも広川さんの功績といえます。

 

 最初に書いたように、洋画の吹き替えに比べてアニメの仕事はそんなに多くないですが、「ムーミン」(古い方)のスノークやアメリカアニメの「チキチキマシン猛レース」(これなにげに声優陣が超豪華)のキザトトくんとかは印象に残ってますね。あ、そうそう、「ルパン三世」のルパン役はギリギリまでこの人が予定されていたのは有名な話(上のリンク先で映像が一部見られます)。
 アニメのレギュラー出演はたぶん、4年前の「MEZZO -メゾ-」が最後じゃないかと思います。これはTSUTAYAにもあるので興味のある人は是非。昔は二枚目俳優の吹き替えがもっぱらだったのが、ハゲでメガネの中年オヤジ役というのが感慨無量でしたが、このオヤジカッコいいんだこれが。「〜してからに」「〜してルンだってば」といった広川節も健在です。



 ……ああ、でも広川さん亡くなったから「MEZZO」のPART2はもう作られることはないんだなぁ(涙



 ↑に書いたように、子供の頃から吹き替えの洋画に馴染んでいたり、空気のようにアニメと接していたmiyaにとって、声優さんというのは、一般の俳優さん以上に特別な存在です。それだけに、知っている声優さんの死というのは(塩沢さんや鈴置さんのときもそうでしたが)結構凹みます。特に、長年洋画の吹き替えをやってこられたベテランの方々など、これからどんどん(ちょっと言い方が不謹慎ですが)亡くなっていくんだろうなと思うと複雑な気分。

 アニメでも洋画でもそうなんですが、吹き替えについてはいろいろ言いたいことがあるんですが、それはまた別の話ということで今日は割愛させていただきます。

 今はただ、吹き替えという日本が世界に誇れる分野で芸術ともいえる作品を数多く残し、僕たちを魅了してくれたことに感謝を。そして。

 ご冥福をお祈りします。



↑てなワケで弔意を込めてブログデザインも変えてルンだってばというのが広川節。もう聞けないのね(泣

web拍手を送る

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「広川節」についてのクチコミブログをピックアップ
広川節 に関連するブログ記事の検索結果から最新の口コミ情報、オススメ商品を紹介… ...続きを見る
クチコミブログをピックアップ
2008/03/09 21:22

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
応援してたりファンだったりした人が亡くなるとかきついっすね・・・
人の命だからしょうがないとは思うんですが、
もうその人はいないって考えるとだめですねぇ、ブルーになります^-^;
みつー
URL
2008/03/10 01:59
また一人いなくなってしまわれた・・・ですね(汗)
去年獣拳戦隊ゲキレンジャーでMr.Booまんまな敵キャラの声やってましたが、あれがこの人の声を聞いた最後でしたね(汗)

しかし、この業界、なかなか代わりになる人が現れないんですよね(汗)
カーフ
URL
2008/03/10 07:31
人の死っていつくるかわからないから怖いですよね。況してや自分が思い入れしてたなら尚更ですね。
パープルソフトの原画家さんが亡くなった時にはショックを受けたものです。

カーフさんが触れてるように声優界って後釜がなかなか居ないんですよね。声に関しては教えるとかじゃないですしね…

2008/03/10 10:38
コメレスです
みつーさんへ
おっしゃるとおり、好きな人が亡くなるってのはキツいです。
塩沢さんが亡くなったときとか、1週間くらいブルーでしたね。

カーフさんへ
ベテランの方々が次々と亡くなっていって、寂しい限りです。てか、ベテランが活躍できる場が作られていないという今の状況の方が問題なんですけどね。

楓さんへ
ベテランの人の芸がなかなか若手の人に伝わってないって、大塚さん父(元祖ねずみ男)が嘆いてましたっけ。山寺宏一がベテランって呼ばれるような形を作らなけりゃダメだって。
miya
2008/03/10 23:50

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
冗談はよしこさん、なんてことを言ったりしてからに! 王様の耳は/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる