王様の耳は

アクセスカウンタ

zoom RSS 僕は彼女に生かされていた。

<<   作成日時 : 2009/02/14 21:42   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

こんばんは。「花と泳ぐ 3巻」(口八丁ぐりぐら)を読んでマジ泣きしながらこれを書いているmiyaという者です。





前にも書いたかもしれませんが――


「もしらば」に感動して泣いた人なら読んで損はないと思いますよ。


いや、まさか4コマ漫画でこんなに泣かされるとは……

ていうか、4コマだからこそこの味が出たのかな、という気もします。

ヒロインの幽霊少女(?)菊子の、我らが明穂に負けないキュートな可愛らしさは最高でした。

少女霊媒師ふみちゃん(この子もとてもいい子。3巻の「…友達だからな」には涙)のお母さんが、なんか、「もしらば」のたまちゃんがお母さんになったらこんな人? って感じのキャラでおかしかった。


1、2巻の思わせぶりな主人公のモノローグのオチをどうつけるかと思っていたのですが、なるほど、こうきましたか。
これについては多分賛否両論でるだろうなあとは思いますが(実際、レビュー見ると批判もチラホラあります)、ハッピーエンド原理主義者のmiyaとしては無問題w

出てくる人がみんな、ちょい役まで含めていい人ばかりで、スッキリ爽やかな読後感も◎


という訳でおススメですww







さてさて、話は変わりますが、何とか公約通りAS8をupすることができました。
前日の記事で書いたように、完成目前で仕切り直しになったときは目の前が真っ暗になりましたが、ここで一息ついたら確実に2週間は遅れるなという確信があったので、(休日だしまあいいか)とか思って、結構無理して書き上げてしまいました。さすがに徹夜はしませんでしたけどね。

とはいえ、完成するまでアドレナリン全開の物凄いハイな状態で書いてたもので、その反動からか、upした後は2日ほどはリビングデッド状態で過ごしていました。

昔みたいに無理ができない歳になったのがちょっと悲しい……

職場であんまり腑抜けていたのでインフルエンザと間違われたのは我ながらどうかと思いますが(汗


昨日辺りからようやく人間に戻ってきたので、そろそろ巡回先の訪問など再開しようかな〜とか思っています。


今後の予定ですが、できれば2週間くらいのインターバルでAS9を公開したいですね。次回はAS7同様、つなぎの回みたいな内容になると思うので、そんなに延びないとは思いますが。

ただ、今ちょっと頭を悩ませているのが、次回、明穂の私服姿が出てくる予定なんですけど、それをどうしようかということだったりします。

なにしろ、本編では基本的に夏服でしかたらねえ。

画像



海に着ていく予定だった白いワンピは本編では結局本人は着ませんでしたし。
まあ、最後の最後でちょっと私服バージョンになってはいましたけどね。

今回は秋のお話だから、秋っぽい服を着させないといけません。



というわけで、次回、明穂がどんな格好になるのか乞うご期待。

あ、それともう一つ、これも本編で幽霊だった明穂の(やりたかったけど)できなかったことをちょこっと実現させてあげようかなぁとか考えておりますw


はい、というわけで今夜はここまで。この後風呂に入ってから巡回に出掛けたいと思います。ではでは。




↑今回のタイトルは「花と泳ぐ 3巻」のオビからの引用ですw

web拍手を送る

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
今月財政難なのに貴方のせいで更に出費が増えた者ですw
この記事読んで興味深々。
今、注文が済んでしまいましたwww
届くのが楽しみですb
k2
URL
2009/02/16 12:22
ごぶさたいたしております(汗

諸事情につき・・・3巻を買えないので・・・友達の家で読んできましたよ・・・・miyaさんにこの作品を教えていただいてマジで感謝!でした・・・。゚(゚´Д`゚)゚。しますたorz  泣きそうになったので「ちょっとWC」と言って友達の部屋から離脱したのは内緒ですorz
ばるでぃっしゅ
2009/02/17 15:47
コメレスです
k2さんへ
スイマセンww見てしまったのが運の尽きということで(殴
でも、こういう4コマ漫画もあるということで、おススメします。
魅力的なキャラやストーリーは勿論、伏線の張り方や推理小説でいうところのミスディレクションの扱いとかね。
最終回までのストーリーを全て書き留めた上で連載をしているという原作者のコメント(2巻あとがき)に納得ですw

ばるでぃっしゅさんへ
おひさしぶりです。さっき見たとき、思わず「あ、ばるでぃっしゅさんからだ」と叫んでしまいましたww

>3巻
絶対やられるなと思って読んだのですが、予想以上の破壊力でした(汗
↑でも書きましたが、4コマ漫画で泣くなんて初めてですよ。
仕事帰りにうっかり電車とかで読まなくてよかったと心から思いますw

この作者さん(たち)の次の作品も楽しみです。
miya
2009/02/17 20:31

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
僕は彼女に生かされていた。 王様の耳は/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる