王様の耳は

アクセスカウンタ

zoom RSS それはねー、愛が足りないからじゃない?

<<   作成日時 : 2009/02/28 22:19   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

なんか、すごい久しぶりに「もしらば」本編に関する駄文ですwww



画像



「えー、今更もしらばかよ」とか言われるとかなり悲しいので、どうぞ寛容の精神でお付き合いいただけると嬉しいですw




さて、前の記事でも書いたように、「もしらば」明穂ENDをやって――より正確には、明穂√のアフターを書こうと思い立ち、プロットを考え始めた辺りから、地味に気になったことがありました。

気になったといっても、それで本編の評価が大きく変わるとか、そういうことは全くないので、別に華麗にスルーしちゃってもいいようなことなんですけどねww

実際、批評空間を初め、各所の「もしらば」のレビューとか読んでみても、この点に触れているのは殆どないようです。まあその程度のささいな引っかかりだと思ってください。

とは言うものの、明穂√のアフターをああいう形で書き始めた都合上、たとえささいな引っかかりでも、この問題をどうクリアするかというのは個人的に結構悩みどころだったりします。



……スイマセン。前置き長すぎですね(汗 「早く本題に入れ」と叱られそうです。
そんなわけでさくっと本題に入りたいと思います。




画像

例によって、明穂√をはじめネタばれありなので、この後の閲覧にはご注意ください。



てか、いい加減廉価版出して欲しいですよね。最近微妙に批評空間での評価が良くないですけど、これって品不足からくる中古価格の莫迦みたいな高騰も一因だと思います。こういうデマが飛ぶのも、その意味では無理ないかなという気がします。

おっと、また話が脇に逸れるところだった……


↓↓↓ ここから駄文です ↓↓↓


















◎明穂ENDにおける、一樹と明穂の年齢差は何歳?

で、一部で「ロリ穂」なる微妙にアブない名前を奉られているちび明穂ですが、再会後の一樹とのやりとりではこんな風に言っています。

「すぐに生まれてきたのに…、ここまで来るのに10年もかかっちゃった」


ここから、EDにおける明穂は10歳、小学4年生であることは間違いないようです。

実際、本編開始時の回想シーンを見る限りでは、一樹が明穂と初めて会ったのも、2人が小学校4年生の時でした。

明穂とつばさ――あの二人に初めて会ったのは、今から十年近くも前のこと。


10年近くも前、とはいかにも一樹らしいアバウトな(誤解されやすい)言い方ですが、正確には10年ではなく8年前ですね。でないと年齢が合いません。

何でそこまでハッキリ言い切れるかというと、その後の、高3の時のクラス発表の場面で「9年連続(同じクラス)」という台詞があるからです。逆算していくと、最初に同じクラスになったのが小4のとき。明穂が(鳩羽家に引き取られて)一樹のクラスに編入したと考えるのが自然でしょう。

前に「赤い糸」感想でも書きましたが、明穂√では最初と最後が短歌の本歌取りのように照応して語られている部分が多いです。OPとEDで明穂の外見年齢を一致させているのもその表れだと思われます。




というわけで、EDにおける明穂が10歳というのは確定なんですが、問題は、このとき一樹は何歳か、ということです。


以前、明穂と一樹の誕生日を誤解していたことから1歳年齢を読み違えてしまいましたが(汗 本編から10年経っていると考えると、(一樹は5月25日生まれの明穂より半月遅く生まれたので)EDの時点で28歳と考えられます。

28歳の主人公に10歳のヒロイン……

うーん、年齢差18歳。EDとはいえ、えろげの世界でここまで年の開いたカップルというのも珍しいのではないでしょうか(男性側が年上という前提での話です。人妻モノや義母モノなら一回り以上年上の設定はよくあるのですが)。



と、ここまでなら、「一樹犯罪者確定!」「このロリコンめ!!」と既に幾度となく語られていることです。



が――



実はここまでダラダラ書いてきて何が言いたいかというと、

一樹28歳というのは常識的に考えてありえない。


ということです。


これ、プレイ中は全然気付きませんでした。もしかしたら、作り手の方々もそこまでは意識しなかったのではないでしょうか。仮に、女性の方がこの作品をプレイしたら(まああんまりそういうことはないと思いますが)「?」と思ったかもしれませんが。

ポイントは、先程も引用した、

「すぐに生まれてきたのに…、ここまで来るのに10年もかかっちゃった」


という明穂の台詞です。

「すぐに」と明穂は言っていますが、どのくらい「すぐ」だったのでしょう。

多分、僕も含めてほとんどの人が、無意識のうちに、

成仏したすぐ後か、それほど時間を置かずに生まれてきた。


と思ったのではないでしょうか。いや、他の方はいざ知らず、僕は自分でSS書き始めるまで何の疑問も持たずにそう思ってました(焦



でも、それっておかしいわけですよ。どう考えても。


なぜというに、俗に十月十日(とつきとおか)といって、子供が生まれるまでにはおよそ280日の妊娠期間があるからです。

「私……、頑張ってみるね」


と明穂は言いました(泣 が、普通に考えれば、どう頑張ってみても、明穂が転生して次にこの世に生まれてくるのは、およそ10か月先になる訳です。

明穂が成仏したのは2006年10月31日ですが、仮に彼女が成仏した後、ただちに転生してどこかの女性のお腹に宿ったとして、出産予定日は、特に問題のない場合……(計算中)……翌2007年の8月7日前後となります。

そうなると、EDで一樹が明穂と再会したのは実は2017年の出来事ということになり、同時に、

明穂と一樹の年齢差は19歳。


とならざるを得ないのです。



年の差19歳。

う〜む、たかが1歳。されど1歳。


基本的に年の差カップルなんだから、18歳でも19歳でも変わらないような気もしますが、そこはそれ、できることなら、なるべく差を縮めてやりたいと思うのが人情というもの。

秘密基地での約束通り、いずれ一樹は明穂と結婚するでしょう。
仮に明穂が20歳で結婚するとして、そのとき一樹が38歳か39歳かというのは、些細に見えて実は結構大きな違いのような気がするんですがどうでしょう?

まあ、40近くなった一樹を明穂が「カズちゃん♪」と呼んだり、一樹が自分のことを「僕は……たんだ」と語ったりするのもどうかなあとは思いますがw



画像





それに、一樹だけでなく、つばさとの関係もあります。
10歳の姉に対する妹の年齢が25歳か26歳か(つばさは3月3日生まれ)というのは、女性であるつばさとしては、無視できない問題だと思うのですが。





とまあ、理屈で考えるなら、明穂ENDは2017年のことと結論付けざるを得ないのですが、心情的には、我々が無意識のうちに思っていたように、2016年のままにしておきたい。
要は、十月十日という妊娠期間の問題をどうクリアするかということです。


いくつか解決法は考えたのですが、どれもあんまり後味がよろしくない(脳内妄想ならともかく、SSとして人様の目に触れる形にするにはちょっと…というものばかりでした)。

最終的に僕が考えたのは、結構反則的な解決法です。まあSSにするんだからこれくらいやってもいいかな、という感じの。


皆さんであれば、どうクリアさせますか?





……いや、「別に年の差19歳でもいいじゃん」とか言われたらそれまでなんですけどね(汗








↑てか、SSもいい加減放置しすぎorz

web拍手を送る

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
( ´_ゝ`)< オーケー兄者 年齢の話はそこまでだ それ以上は当局に察知されるぞっ

どうもお久しぶりです。僕も同人誌描こうという手前当然おなじこと考えましたw
不思議なパワーで出産直前のお子に、明穂の魂が乗り移ったとかそーゆーミラクルも有り・・・それはそれで印象悪いけどw
某マリーさんの魔法で明穂がおっきくなったり、かずきゅんがちぃさくなったり・・・そんな風に考えていた時期が俺にもありました。
・・・どっかのメーカーからもしらばのフィギュアでないかなぁ(´ω`) 
クロサワ
URL
2009/03/02 23:00
クロサワさんへ
しまった、「この記事に登場する人物は全て18歳以上(精神的に)です」っていれておくの忘れ(爆

たかが設定。されど設定。ってか、こういうところをあーでもないこーでもないと考えたりするのも割と楽しかったりしますw
>ミラクル
このミラクルは僕も考えましたが後味が悪くなりそうなので残念ながら没になりました。

明穂(大)と一樹(小)……それはそれで(18kSS的な意味で)そそるシチュエーションですね(マテ

>もしらばのフィギュア
さくラッセのはあったような気がするんですが…
もし出たら即買いですw
miya
2009/03/03 22:37

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
それはねー、愛が足りないからじゃない? 王様の耳は/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる