王様の耳は

アクセスカウンタ

zoom RSS 「スズノネセブン!」攻略完了&感想

<<   作成日時 : 2009/03/22 22:20   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

こんばんは。というよりまたまた一週間ぶりのmiyaという者です(汗

まだ気分的に本調子とはいかないので、前フリ抜きで本題に入りますw



「スズノネセブン!」(Clochette)フルコンプしました!!


既に仁乃√の感想upしてるし、本来ならヒロイン攻略するごとに感想書かなきゃいけなかったんでしょうが、テンションやらモチベやらが上がらないうちに全部終わってしまったという情けない有様。

というわけで、ちょっと体裁悪いですが、仁乃以外の3人のヒロイン√の感想を簡単に(いつもみたいな主観駄々漏れなのはちょっと無理っぽいので)書いていきたいと思います。仁乃√同様ネタバレありなのでご注意ください。
あと、感想は攻略順です。それでは。





◎鷹取柚子里

画像


な○は第4期キターーーーーッ!!(違

4人のライターさんのうち、どなたが担当されたのかわかりませんが、一番良く出来たシナリオだと思います。

悪役が適度に手ごわかったり過去の因縁がストーリーに上手く生かされていたりと、魔法バトルものとしては非常に満足のいく出来でした。

最初のうちは「アニメの影響で正義の味方ごっこかよ」とヒネた見方をしていたのですが、過去の因縁話が明かされるに及んで、感心すると同時にちょっと反省。萌えゲーなのであまり表面には出てこなかったですが、それなりに重い過去を背負ったヒロインなんですよね。

「誰かの笑顔を守るため! 誰かの涙を防ぐため!」


という魔法少女の口上にちゃんと意味があるところとかさすがですw


一方、恋愛パートも非常にクオリティ高かったです。普段は先輩然としている柚子里が主人公を異性として意識しだしてからのテンパリ具合は見てるこちらがモニタの前で悶絶しそうなくらいに可愛かったw

前にちょっと書きましたが、個人的に柚子里という女の子は、僕の理想の先輩キャラの範疇からはちょっと外れているんですが、純粋に恋する女の子としてかなりの破壊力を備えていると思いました。

あと、魔法少女ものということで、当然あると思ってたコスプレHはやっぱりあったのですが、そのコスプレHイベントをストーリーの本筋と無理なく結び付けているところとか、やっぱりシナリオの出来は非常にいいですね。

ところで、↑にもありますが、

「魔法の国からやってきた、ちょっとチャームな(ry」


ここで爆笑してしまったmiyaははっきり言っておじ(爆




◎代官山すみれ

画像



体験版感想でも書きましたが、妹属性のない(ついでに言うとロリ属性も)miyaをすら虜にしてしまった魔性のヒロイン(笑

「毒舌」「腹黒」と言ったキーワードで語られることの多いすみれですが、彼女の魅力はむしろ、こちらの言ったことに対して打てば響くような鋭い切り返しをしてくるとこだと思います。リアルにこんな娘が友達だったら話してて飽きないでしょうね。

↑の画像でお馴染みの「スーパー妹タイム」は確かに波動砲クラスの破壊兵器ですが、個人的にはむしろその前の、演技の入っていない「二人羽織り」(by仁乃)の方がお気に入り。こういう腹の底の見えない(見せない)キャラが、たまに素の顔で焦ったり照れたりするのに弱いmiyaですw

亡父の遺した宝物を主人公と一緒に探すシナリオはこちらもワクワクしてなかなかよかったです。ツイスターゲームとワルツのシーンは最高でした。時報がああいう形で伏線になっているとか楽しいですよね。

ちょっと残念なのは、宝物が見つかった後、主人公の課題の話を引っ張りすぎたこと。引っ張ること自体はいいのですが、最終的にああいう反則技で課題をクリアさせるのはどうかと。どうせ引っ張るのなら、正々堂々主人公の力だけでクリアさせてほしかった。

そこらへんも含めていくつか留保の付くところもあるのですが、恋愛モードに入ったすみれの可愛らしさですべて許せてしまえるような、これまた甘々な√でした。

あと、終盤で学園長がいつものエロジジイではなく珍しく孫の幸せを願う祖父の顔をちょっと見せてくれたのもよかったですw




◎三峰美奈都

画像



「さくらシュトラッセ」のかりんといい、バカっぽいキャラを演じると途端に生き生きする桜川さんでした(爆


ヒロイン4人中一番のナイスバディを誇りながら、そのざっくばらんすぎる言動に「果たしてコイツに萌えゲーのヒロインは務まるのか?」と激しく不安を抱きつつプレイしたわけですが――



ぶはっっ!!(鼻血の噴出す音


な、なんつーベタベタ甘々なバカップルだおまえら!?


恋人同士になってからの美奈都の可愛らしさは卑怯すぎ!

ついでにえろすぎ。某ゲームのヒロインみたいに「無駄にきょ(ry」とか言われなくてよかったねw

で、シナリオが上手いのは、恋する乙女になって可愛くなったからといって、美奈都の基本的なキャラクター自体は変わっていないところ。相変わらずおバカだし爆弾発言もするし空気読めないし。それでなおかつ恋愛パートできっちりヒロインを演じさせるというのは、実は相当難易度の高いスキルが要求されることだったりします。

シナリオは意外や結構シリアス度高め。そしてこの√がいちばん、主人公の課題が前面に出ている話だと思います。課題のクリアも、この√がいちばん無理がなかったような気がしました。
さらに後半のまさかの展開。このゲームでこういう事態になるとは思わなかった。

共通や他の√ではおバカな脇キャラでしかなかった美奈都の兄、真の意外な一面が見られたのも○。外泊の翌日の主人公とのやりとりとかその後とかもう漢ですね。

そういう意味で、この√を最後に持ってきたのは正解だったのかもしれません。






ところで――


画像


合身ゴーって……

このネタで爆笑してしまった人はmiyaと同じくらいおじ(爆 レミー、君は美しい。



◎まとめの感想という名の戯言

FD出るのかなあ……

サブキャラがメインヒロインに負けないくらいキャラ立ってましたからねえ。先生、先輩、司書、研究員と、「魅力的な攻略不可キャラクター」多すぎでしょ。

そう考えると「FD希望!」の声もわかるのですが、逆に言えばこの人たちはサブだからこそ輝いているとも考えられるわけで、個人的にはアナザーストーリーとかはなくてもいいかな、と。

むしろ、サブヒロイン√やハーレム√はなくても○だったけど、ノーマル√がほしかったですね。誰ともくっつかない。仲間のまま。その代わり、セブンの7人が協力して何か凄いこと(たとえば世界の危機を救うとか)やっちゃうお話。

何人かの方が指摘されてることですが、せっかくのスズノネトライアルという設定が、ヒロイン√に入ることによって脇に寄せられてしまうのが何とも勿体無い。それこそタイトルでもある「スズノネセブン」がテーマになるようなシナリオがあってもよかったかなあと思うわけですよ。


とまあ、それはそれとして、本当に楽しい萌え特化ゲーでした。プレイしている間中、頬が緩みっぱなしでした。至福の時間を過ごさせてもらったと言ってもいいでしょうw


とにかく、ヒロインがみんな可愛い。仁乃、柚子里、すみれ、美奈都と、どの子も魅力的で捨てキャラが一人もいない。

サブキャラも個性的でうかうかしてるとメインヒロインを喰ってしまうほど。

そして主人公がまたスペックの高いいいヤツ。特に、鈍感でないところは評価高いです。



プレイしてて感じたのは、メーカーが前作「かみぱに!」の良いところは活かし、悪いところは改めるという、当たり前なんだけど、でもなかなかできないことをきちんとやっているなあということでした。

「かみぱに!」もヒロインの魅力で見せるゲームでしたが、

1)シナリオがちょっと長すぎ。途中でダレる。
2)日常の掛け合いのテキストが割と微妙。
3)どう見てもキャラ萌えゲーなのに後半シリアス成分が強すぎ。
4)主人公いいヤツだけど鈍感すぎ。


といったところが個人的に不満でした。今回、これらの不満点がほぼクリアされてるのに感心しました。これ、確信に近い推測ですけど、意識してシナリオ作ってるはずです。



1作目がそれなりの高評価を受けた新規メーカーの2作目ということで、十分合格ラインはクリアしていると思います。この分なら次の作品も期待できそう。ていうか、今回はメーカーの足場固めのためにあえて冒険はしなかったという感じなので、このメーカーさんにとっては次の作品が本当の意味で勝負になるのではないかと思います。ともあれ、3作目が今から楽しみです。






↑なんかウェブリの記事作成ページの辞書機能が微妙におかしい

web拍手を送る

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
今プレイしている最中ですが柚子里先輩の魔法少女状態の時の口上で
なんとなく某マシンロボのロ○兄さんを彷彿とした台詞が・・・・・
それよりか主人公のユー○化には非常に参りましたな・・・・

しろっち
2009/05/14 05:32
しろっちさんへ
レス遅れてスミマセン
>ロ○兄さん
おお、言われてみれば確かに…

>ユー○化
OPにあったからああなるのは予想がついたものの、この場面でくるか〜〜って感じでしたねw
miya
2009/05/21 00:31

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「スズノネセブン!」攻略完了&感想 王様の耳は/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる