王様の耳は

アクセスカウンタ

zoom RSS 「死神の接吻は別離の味」何となく覚え書き

<<   作成日時 : 2009/05/10 00:23   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

最近このゲームの話ばかりしてますねw

いや、早いとこ感想書きたいのはやまやまなんですが……



正直、僕も予想外でした。まさか、自分が、


「死神の接吻は別離の味」(以下「しにキス」)というゲームにここまで引き込まれてしまうとは――


ゲームが面白くてプレイ中寝食を忘れてのめりこんだ、というのは他にもあります。が、フルコンプした後も作品世界にどっぷりハマりすぎて、社会復帰に支障をきたしそうになった、というのは、それこそ「もしらば」以来の経験でした。

「もしらば」をフルコンプしたときは、「(エロ/非エロに限らず)ゲームでこんな経験することは二度とないだろう」と思ってました。だからこそ「もしらば」は今に至るも僕の中で特別な作品なのですが、どうやら「しにキス」もそうした特別な作品になりそうです。



ていうか、ホントにのめりこみすぎて怖いです、今。

何が怖いかって――

「しにキス」の世界に浸りすぎて25日の明穂の誕生日をうっかり忘れてしまうんじゃないかって(汗


特にね、これまで僕の中でエロゲーのヒロインの序列はダンゼン、


明穂>>>>超えられない壁>他のエロゲーのヒロイン


だったのが、今では、


明穂>雫>>>超えられない壁>他のエロゲーのヒロイン


となってしまっているので。




そんなわけで、もう少し落ち着けないとまともな感想とか書けない感じです。とりあえず今日は、今後、感想を書く際の備忘録も兼ねて、プレイ中プレイ後につらつら思ったことなどを覚え書き風にだらだら書いていこうと思います。


例によってネタバレ前提で書いてきますんで、未プレイの方は回避推奨ですw


















「しにキス」覚え書き

○共通その他
・2009年のお話という設定
(バレンタインデーが土曜日ということから。ちなみにこの日が土曜だと、ホワイトデーも、雫√最終日である2月28日も原則土曜になる)

・お話の中では映画(てかDVD)が小道具として上手く使われている。以下、各√で出てきた映画(アダルトビデオは除く)のタイトルと元ネタ
「ゾンビハザード」(共通)→「ゾンビ」+「バイオハザード」しかなかろう
「崖の下のブヨ」(共通)→説明不要
「蝉ひさめ」(ほのか√)→「蝉しぐれ」
「無常の風」(雫√)→これだけがよくわからない。「兄妹愛」を見せるためにそれっぽいタイトルをでっちあげたとも考えられるが、それにしては設定が妙に細かい。元ネタの映画があるような気がするんですけど。

・これで引退というのが残念でならないシナリオのおるごぅる氏。実は女性と聞いてびっくり。



○ほのか
・一人称「わたし」

・なんで「あらしま」なんだろう。「にいじま」じゃいけないの?

・後半ヒロインの呼び方が「新島さん」から「ほのか」に変わるも、地の文での呼称がラスト近くまで一貫して「新島さん」だったり、結構芸が細かい

・あのクライマックス自体は別に悪いと思わないが、ヤンデレ化した凛を途中で誠の前に出現させたのだけは、シナリオ上の痛恨のミスだと思う。

・それと、なぜほのか√の最後で誠とほのかが死の運命をまぬかれ得たのかがよくわからない。

・最初のHシーンだが、絶対雫は気付いてるよね。

・3回目のHの前にアダルトビデオを見る見ないのやりとりがあるが、このモチーフが雫√で繰り返されるのが面白い。そういう意味で先にほのか√をやる方がいいかも。

・ほのか√の後半で、雫が笑顔で誠に「幸せになってね」と言うところがもう(涙


○雫
・一人称「私」

・「兄は妹で童貞卒業するもの」他名言多数あり。

・お兄ちゃんに対し時々敬語になるのがいい。それで暴言吐くとことかも。

・CGが2枚足りないのはバグですか?
クライマックスの死神の鎌のやつもそうだけど、EDの雫の最高の笑顔がないのは許せん!

修正パッチが出てラストの雫のCGが鑑賞モードに表示されるようになったw
でも鎌のCGは相変わらず表示されない。頼むよALcot

・琥珀√をやった後で改めて雫√をリプレイしたら、クライマックスで二人が死の運命を回避できた理由が見えてきた。
キーワードは、クライマックスでの雫の問いかけと主人公の答え。そしてそれを聞いた雫の返答。

・凛の言っていた「お兄ちゃんの遺言」の意味を知っておくためにも、やはり先にほのか√をプレイしといた方が吉。
ていうか雫→ほのかの順にしてしまうと凛が不憫すぎ(泣

・「お尻が大きい」と本人も気にしていて、琥珀やミルフィにも言われ続けていたけど、OHPを見る限りでは決して大きくないと思うのだが(身長162cm、H79cm)
てか、OHPのデータだとほのかの方がお尻大きいぞ(身長153cm、H80cm)

・お尻の話が出たのでついでに胸についても言及しておきたい。OHPのデータではバスト81センチとなっていて、本人曰く「お兄ちゃんの手にちょうどいい大きさ」とのことだが、コチラのサイトで計算したところ――

アンダーバスト約62センチ。
Eカップ(巨乳)


というとんでもない結果に!!
実はグラドル並のナイスバディーの持ち主だったということが判明。そんな義妹が朝っぱらから迫ってきたりしたらそりゃ兄だって(ry

・どう見てもMっ娘だよね。
ていうより誠のお猿さん度がほのかの時より格段に上なんですが。

・ツンデレ妹の兄に対する蔑称
「童貞」「ロリコン」「鬼畜」「変態」「下手っぴ」「テクなし男」etc
いちばん口にしてたのは「童貞」かな。あるシーンでは合計7回も「童貞」って言っていた。

・怖がりなくせにホラー映画ばかり借りては兄と見ているわけだが、公式にも載ってる例のCGを見て遅ればせながらその意味に気付き、僕の中で萌え指数が更に跳ね上がりましたw

・琥珀√の最後の夜、夕食後に誠が雫とホラー映画を見たってことがさらっと説明されるんだが、↑に気付いた後だとなんか泣けてくる。

・雫ーーっ、結婚してk(殴


○琥珀
・一人称「私」

・見た目何歳くらいなのか気になる。

・力を失った琥珀を家に連れ帰ったとき、雫に対し「実父の隠し子。親にいじめられて家にいられなくなった」とひどい言い訳をするのだが、咄嗟にそういう設定が出てくるということは、もしかしたら誠の実父は、本当にDV親だったのかもしれない。それが原因で母親と別れたとか。
(おるごぉる氏の代表作「うちの妹のばあい」の主人公の実父がまさにそんな父親だったし)

・ほのか√と違って琥珀√の雫には、失恋したという自覚はなかったのではないか。琥珀とのことは怪しんではいたがまさか二人がくっついたとは思ってないようだったし。

・なぜ琥珀√の最終日で雫は兄を探して海岸に来なかったのだろう?
朝起きてすぐ(たぶん雫にも気付かれずに)家を出て、そのまま帰ってこなかったら、(ここ数日の兄の言動から鑑み)誠のことを探さない筈はない。
そしてこの日が日和の命日であることを考えれば、(共通や他√でそうしたように)必ず海岸に探しに来たと思うのだが。

・何かと議論の多い琥珀√のラストだが、十六夜の台詞とEDムービーでの2つの光(涙)から考えればそんなに解釈の幅は広くないと思うのだがどうか。

・むしろ気になったのは2人がいなくなった後のこと。
十六夜の言葉通りだとすると、誠は肉体を失ってしまうので、彼の亡骸が発見されることはない。
誠の遺書を見つけた、あるいは兄が帰ってこないことを不審に思った雫が捜索願を出したとして、発見されるのは恐らく海岸につけられた兄のものと思われる足跡のみ。
しかもその足跡は途中で不自然に途切れたまま。入水した形跡もない。
それでも遺書が残されていたことから、自殺したと判断されそう。
ただし、遺体が見つかっていないので、公式には誠は行方不明という扱いになる公算が高い。

・切なすぎる〜〜。特に雫(涙
遺体が残っていればまだ諦めもついただろうに……

・何だろう、一応ハッピーエンドなのにこのやりきれない感は。まるで「もしらば」のつばさ√をやったときのようだ。

・だからこそ、「ご都合主義」「無理矢理すぎ」と言われるのを承知の上で、ほのか√と雫√は甘々すぎるハッピーエンドとしてまとめたのではないか。

・それでも、琥珀ENDはあれ以外に考えられないと僕は思う。





↑覚え書きなんで思いついたらその都度追加していきますw

web拍手を送る

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
レイバン サングラス
「死神の接吻は別離の味」何となく覚え書き 王様の耳は/ウェブリブログ ...続きを見る
レイバン サングラス
2013/07/05 20:26

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「死神の接吻は別離の味」何となく覚え書き 王様の耳は/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる