王様の耳は

アクセスカウンタ

zoom RSS 「死神の接吻は別離の味」ネタバレなし感想

<<   作成日時 : 2009/05/24 19:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

「たいせつな人に遺したいものはありますか?」




お久しぶりです。miyaという者です。まーーーた間が空いちゃいましたねー。足を運んでくださった皆様方、誠に申し訳ありません。

なんかね。年くってきて、体力なくなっただけでなく、こういう文章書く根性が2、3年前に比べてすごい減退気味なんですよね〜〜。「書きたい」って気持ちはすごくあるのに、頭と身体がついていかなくて、満足いく内容が書けないっていうか。所謂スランプとはまた違った感じです。執筆EDと呼んでくれ(殴

嗚呼、「もしらば」の気合い入った感想文をガンガン書いてたあの頃に戻りたい(涙


「もしらば」といえば、もうすぐアノ日ですね。今年は企画とかはできなさそうですが(ASもまだ足踏み中なの。スマン)、「おめでとー」はちゃんと言ってやりたいと思ってますw 
義妹にばかり気を取られて最近あんまり相手してないなー。ごめんね明穂。






さて、この間から書いては消し書いては消しの「しにキス」感想文なんですが、とりあえず今回はネタバレなしバージョンをお贈りします。というのも、ネタバレ御免で書いてたら、なんか一見さんお断りというか、思いっきり未プレイの人置き去りの文章になってきて書いてて寂しくなっちゃったというか。
うん。僕はこのゲーム個人的にかなり好きなので、出来ればまだプレイしていないという人にもこの作品の面白さを知ってほしい訳ですよ。中古価格もそんなに高くないし、そもそも新品で買ってもミドルプライスですしね。



という訳で、さっそくいってみたいと思います。





「死神の接吻は別離の味」ネタバレなし感想




○あらすじ
「たいせつな人に遺したいものはありますか?」

小さな海辺の町、日生(ひなせ)。
そこに、ある約束を交わした幼い少年と少女がいた。
強い絆で結ばれたふたりは同じ未来を見つめ、明日がくることを疑わなかった。

3月14日。運命の日。
少年は自らの想いを伝えようと、少女を海に誘っていた。
だが不慮の事故により、幼なじみだったふたりは想いを言葉にすることなく死別してしまう。
それから年月が経ち、少年は少女との思い出が残る土地で今日を生きていた。

忘れられない人、でも忘れなくてはいけない人。

主人公・天宮 誠(あまみや まこと)は、私立八潮学園の2年生。
誠は近所のレンタルビデオショップでアルバイトをするかたわら、
同じ学園に通い始めたひとつ下の妹・雫(しずく)と平穏な毎日を送っていた。

そんなある日、誠はひとりの不思議な少女と出逢う。
琥珀(こはく)と名乗った少女はその手に巨大な鎌を持ち、瞳には深い碧を宿していた。

「あなたには、私の姿が見えるの?」

周りの人間は、琥珀の存在に気づかない。気づくことができない。

「そう。あなたも、もうすぐ死ぬのね」

少女は、死神だった。
(OHPから転載)




○各ヒロイン√感想(クリア順)

新島ほのか(CV鮎川ひなた)
この物語の表向きの(マテ)メインヒロイン。
主人公のクラスメイトで、バイト先のレンタルビデオショップのオーナーの娘。キャラのイメージは「太陽」。
オーソドックスな同級生キャラですが、告白のとことか付き合いだしてからとか凄く可愛らしい女の子。
誠や雫に突っ込まれて焦ってわたわたしてる立ち絵も可愛くってよかったです。

シナリオは恋人同士になってからひと波乱ありますよ、という感じ。
その出来事を通して、主人公が過去の辛い思い出を乗り越えていく話。
ほのかの太陽を思わせる明るさが主人公の再生に一役買っているところとか上手いと思いました。
クライマックスの展開に留保をつけてる人もいますが、個人的にはこれはこれでありかなと思います。
ていうかあそこであの曲は卑怯すぎ。「もしらば」でもそうでしたが、オルゴール曲に弱いmiyaでした。
すっきりと綺麗に終わった√だと思います。
セクハラなほのかパパがいい味を出していましたねw



天宮雫(CV五行なずな)
この物語の俺的メインヒロイン。異論は認めない(コラ)でもそう考える同志は、きっと少なくないはずw
主人公の義妹にして、2009年度最強の妹キャラ。ていうか歴代の妹キャラの中でもトップクラスに位置するのでは? 個人的には、同じおるごぅる氏の「うちの妹のばあい」のメインヒロインである優香よりも破壊力は上だと思います。キャラのイメージは、ほのかが「太陽」だとすればこちらは「月」といったところでしょうか。

もう、台詞の後に一々「でも、ほんとはお兄ちゃん大好き」って付けたくなるくらいお兄ちゃんLoveな女の子。なのに素直になれなくて、何かというと辛辣な言葉をぶつけてくるあたりツンデレっぽい? でもあれだけお兄ちゃん大好きオーラがだだ漏れではとてもツンとは言えないような気もしますw とにかくあまりの可愛さに見てるだけでモニタの前で悶え死にそうになること請け合い。

割と淡々と進むシナリオでしたが、義理の兄妹という関係から2人がどう絆を深めていくかが上手く描かれていたと思います。中盤の主人公の告白シーン、クライマックスの浜辺のシーン、どちらもよかった。ていうかあそこでオルゴール曲は反則だからいい加減(ry

主人公が幼なじみのことを乗り越えていくくだりが、「太陽」を思わせるほのか√に対して「月」のイメージの雫√は少し違っていて、そのあたりの展開のさせ方も興味深かったです。

ラストのCGが最高でしたw ほんと、この子には幸せになって欲しいですね。



琥珀(CV夏野こおり)
この物語の真のメインヒロイン。
死神。正式には死神見習いらしい。
ロリです。ロリ万歳な人には文句なく最高のキャラではないでしょうか。僕はロリ属性ないのでそこまで萌え転がりませんでしたが(その割に妹属性ないのに雫には萌え転がったわけですがw)

死神という特殊な生い立ちゆえか、クールなくせに天然が入っていて、そのギャップが楽しかったです。
感情をあまり表に表さない琥珀が、主人公とのふれあいを通して次第にいろいろな表情を見せるところがよかったですね。

これがメインシナリオだけあって、お話にもかなり力が入っていました。ちょっとでも詳しく書くとすぐネタバレになっちゃうので書きにくいのですが、クライマックスでの誠や琥珀の選択はいろいろ議論が分かれるところだと思います。でも、じゃあどうすればよかったのかと考えると、あれ以外になかったような気もします。なんか曖昧な言い方ですみません。これはぜひプレイして考えて欲しいとこですね。

あとあのラストシーンが余計だという声を聞きますが、「もしらば」の明穂ENDが個人的にあれ以外ないと思っているのと同様、このラストもこれがベストだと僕自身は思っています。この点についてはいずれネタバレ感想で。



○その他
プレイ前はもっとシリアス色の強い重い話かと思っていたのですが、テンポのよいテキスト、キャラ同士の掛け合いの楽しさでサクサク進めることができました。シナリオのおるごぅる氏はこれで引退されるとのことですが、本当に残念です。とりあえず氏がシナリオを手がけた「ましろ色シンフォニー」と「ワルキューレ・ロマンツェ」は購入リスト入り確定です。

ミドルプライスということでシナリオは短め。がっつり読みたい人にはちょっと喰い足りないかもしれないボリュームです。ただ、個人的にはこの贅肉をそぎ落としたような無駄のないシナリオ、結構気にいってます。フルプライスにして攻略キャラ増やしたり(十六夜様とか十六夜様とか十六)、主人公の悪友や担任の美人でナイスバディの女教師とか出したりするよりはこの形の方がいいかなと思いました。

OHPを見たときにはそんなに印象に残らなかったヒロインたちですが、実際にプレイしてみてどの娘も魅力的で、シナリオももちろんよかったのですがむしろキャラゲーとしてとてもよくできていたと思います。声優さんたちも実力派ぞろい(サブで一色ヒカルさんや榎津まおさんが出てるとか贅沢すぎ)で、キャラの雰囲気をよく表していました。特に雫を演じた五行なずなさんのダウナー系のボイスは最高でしたね。

それと、なにげにえろい。ミドルプライスで、純愛系のゲームにしてはえちぃシーンがかなり頑張っていると感じました。



というわけで、生と死を扱ったこのゲーム、サクサクとテンポよく進むぶん、重厚なストーリー展開を求める人には不向きかもしれません。が、サクッとできて、可愛い子が出てて、読み応えのあるテキストを期待する人にはおススメです。個人的には自分の中でかなり上位に入る作品と言ってもいいでしょう。

ていうかですね、






雫最こ――










画像


ガクガク(((( ;゚Д゚))))ブルブル






↑ネタバレ感想はいずれupします(焦

web拍手を送る

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
レポおつです。
ウチもそろそろUpしようと思いながら、miyaさん同様寄る年波には(ry
>2009年度最強の妹キャラ
激しく同意です。
でも、僕的にはここでは書けないあの子が(ry
k2
URL
2009/05/24 19:47
k2さんへ
お互い頑張っていきましょうw
>ここでは書けないあの子
分かりますw
僕も彼女に関しては真モードの方が好みだったり。
そのあたりはまたネタバレ感想でじっくりと(オイ
miya
2009/05/25 22:02

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「死神の接吻は別離の味」ネタバレなし感想 王様の耳は/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる