王様の耳は

アクセスカウンタ

zoom RSS 備忘録3月

<<   作成日時 : 2010/03/31 23:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

3/31(水)

☆やってるの
○ゲーム
・「素晴らしき日々 〜不連続存在〜」(ケロQ)
現在、第1章「Down the Rabbit-Hole」1周目の3つのEDが終わって2周目やってる最中。

とりあえず言っときたいのは――
第1章は誰が何と言おうとかわしまりのゲー。

これに尽きます。

下手な人が演じたらただのテンプレ的な不良娘になってしまいそうな、水上由岐という一見単純バカに見えてその実かなり複雑な内面を持ったヒロインを、絶妙な力の抜き加減で演じきっています。これみよがしなオーバーアクト(「恋姫無双」の周瑜とか。いや、あれはあれで凄く合ってたけど)とか全然してないのに、これ以上ないくらい完璧に由岐になりきっているあたり、見事というほかない。本気のかわしまりのの凄みのようなものすら感じさせました。

シナリオも、序盤こそ滑り気味の楽屋オチネタに不安を感じたものの(でも三国志ネタは笑えた。どうせなら周瑜ネタでもっとりのさんに突っ込んでもらってもよかったのに)、王様ゲームのあたりからどんどん引き込まれていって、気がついたら1周目が終わっていたって感じ。確かに電波っぽい台詞やら難しげな引用やらはありますが、そこらへんはあんまり気にしなくても大丈夫(マテ 押井守の「うる星やつら2/ビューティフル・ドリーマー」が心のバイブルだった世代にはかなり響くものがあると思います(てか、ざくろEDはもろにry)。

それと、かわしまりのさんと並んで特筆すべきはBGM。これ、久々に、サントラ出たら即買いしようと思いましたよ。サティのピアノ曲をうまく使っているところも◎だし、鏡&司EDのボーカル曲とかもとてもいい感じ。あと、2周目でやっと見られるOPの、入るタイミングが絶妙すぎ。



OPの印象が凄く強いですが、FULLだとまた違った印象を受けますね。ピアノのソロのイントロが良いです。

書きたいことはいろいろあるんですが、まだ序盤なんで、あと少し。

・最初の選択肢で「そんな事出来ない」を選ぶと強制的にざくろEDにいくので注意。ざくろEDはいろいろネタバレがあるので、最初は鏡または司のEDに進むのがいいでしょう。

・ざくろEDを見た後で鏡または司EDをリプレイすると、ラストの駅のシーンでのざくろの台詞の意味が分かってちょっと泣けてくる。

・2周目の初めの方でこむぎさん演じる妹がほんの一瞬だけ出てくるんですが、結構重要な伏線っぽい感じ。伏線といえば、まだ出てこない由岐の喧嘩友達「悠木 皆守(ともさね)」のことでちょっと気づいたことが(ry



3/27(土)

☆買ったの
・「素晴らしき日々 〜不連続存在〜」(ケロQ)
前作「終ノ空」は未プレイなんですが、サブとはいえ重要なキャラ(たぶん→設定資料集ではなぜか由岐の次に紹介されてた)でこむぎさんが出ている以上、買わないという選択肢はありえません。


で、予約しといたのをGETして早速開けてみたんですが――


これ、特典の設定資料集、微妙に核心的なネタバレしてね?

たとえば、こむぎさん演じる妹のこと、OHPでは「兄に異常な懐き方をしてる」云々ってあったけど、このくだりって実は結構高度なじょ(ry

それと、ざくろのカラオケシーンのラフにつけられたキャプションは絶対見ない方が……

というワケで、ネタばらしが嫌な人はコンプするまで資料集は開かないのが吉でしょうw

あと、



↑これのコメで何度か出てくる「スパイラルマタイ」ってタームがずっと気になってたんだけど、検索したら、なんか結構キツイ内容でした。ゲームもそっち方面に進んでいくのかなー。ちょっとどころでなく不安。







3/25(木)

☆やったの
○ゲーム
・「ソーマブリンガー」(任天堂/モノリスソフト)
最終章終了。あとおまけシナリオが2つ3つ残ってるけど、一応本編コンプということで。

期待を裏切らず最後まで満足のいく出来栄えでした。非常にスケールの大きな話ですが、広げた風呂敷の畳み方が巧い。特に敵役を「人類に恨みを抱く超種族とその尖兵たる異能者」と思わせておいて、終盤ひっくりかえすところとか、意外性があってよかったです。

世界観をはじめ、設定がすごく作りこんであって、でも物語に描かれているのはそのほんの一部、みたいな感じ。同じ設定、世界観でまた違う物語も見てみたいと思いました。

記憶を失ったヒロイン「イデア」の正体はたぶんほとんどの人がすぐに見当がつくと思いますが、それでも終盤の切ない展開は結構泣きポイント高し。エンディングの後でもう一度OPの主人公の独白シーンを見ると切なさ倍増かも。

主人公の所属する特殊部隊「ファルズフ第7中隊」が個性的なキャラのそろった独立愚連隊風なのも◎。お気に入りは一見コワモテながら実は人のいい副長のジャディスとがさつそうに見えて意外と仲間思いなミラーズ。第6章で同僚のカデンツァの××が○○したときに、苦悩するカデンツァに向って言う台詞がよかったです。

というわけで、毎度同じこと書いて恐縮ですが、これで中古価格700円は安すぎ。ブックオフでも1000円前後で売ってると思うので、興味のある人は是非。




3/16(火)

☆やってるの
○ゲーム
・「デュエルセイヴァー・ジャスティス」(戯画)
最近放置気味だったのでちょっと進めた。
未亜√。いわゆるキモウトのルートですね。

うん、キモくはないけどコワいね。純粋すぎる想いは時に周りを巻き込んで自分自身を食い尽くしてしまう。
特に怖いと思ったのが、未亜が決して激情に駆られて暴走してるわけじゃないところ。彼女は彼女の中の論理に基づいて、自分の望むこと、その望みを叶えるためになすべきことを選択し、行動している。迷いのないその姿はなんというか、論理的に壊れてるって感じ。雰囲気的には「もしらば」のつばさ√の、例のつばさの行動に通じるモノがある。でもあっちは「俺の嫁!」宣言する人が多くてこっちは「キモウト」だもんなあ。可愛そうな子だ。
個人的にはこういう自滅するしかないようなヒロインは嫌いじゃないです。

どう転んでも主人公もヒロインもハッピーエンドになりそうにない雰囲気だよね。


・「ソーマブリンガー」(任天堂/モノリスソフト)
前にも書きましたが中古価格700円。コストパフォーマンスは申し分ないですw

現在第5章を終えて最終章に入ったところ。終盤になって一気に話のスケールが大きくなってきました。広げた風呂敷をどう畳んでいくかが楽しみ。

このゲームの良いところは、単純な勧善懲悪ファンタジーではなく、それぞれの側の立場を割ときちんと描いているところ。主人公とその仲間たちは秩序を守る側に属してはいるけれど、その組織は一枚岩ではなく、上層部ではいろいろと政治的な駆け引きもある。敵役サイドにしても、いわゆる悪役というのではなく、彼らには彼らなりの信念があり正義がある。ただし、その正義は主人公をはじめとする人間の側からしてみれば到底受け入れられないというだけの話。

また、中盤でラスボスっぽいスタンスだったジジイ。彼の考えに共感するか反発するかはプレイヤー次第ですが、作り手があえてどちらか一方に誘導しないような描き方をしているのは◎。個人的には、彼なりの野心や欲望は当然あったにせよ、ある意味きわめてまっとうな現実認識をしてるとは思いました。

さてさてこちらもラストが凄く気になります。OPの主人公の独白からすると、こっちも絵に描いたようなハッピーエンドにはならなさそうな切ない予感がするのですが……




3/10(水)
いい年してDSにハマってすっかりゲーム脳なmiyaという者ですw

前回の記事がちょっと言葉足らずだったので補足しときますね。

QMA目当てで買ったDSですが、現在プレイしてるのは実をいうと別のソフトだったりします(爆

「ソーマブリンガー」(モノリスソフト)

某中古ショップで700円で売ってたゲームですw 

まあ値段が値段なんで、内容にはあんまり期待しなかったわけでして。こっちはDS初心者だし、とりあえずビギナー向けっぽいRPGだったんで、「この値段なら万一ハズレでもそんなに腹も立たないかな」くらいの気持ちで買ったんですけど――

面白い。

本来のお目当てで買ったハズのQMAを(ついでにデュエルセイヴァージャスティスも)放置してハマるくらい。
バトルはABXYのボタンのみというシンプル設定。そこらへんが初心者にも優しいというか、逆にヘビーゲーマーにはちょっと物足りないかもしれません。もちろん個人的には十分満足。

で、前回の記事でもちょこっと書きましたが、バトルだけでなくストーリーもなかなかよくできています。「所詮携帯ゲーム機のソフトだから、シナリオなんて申し訳程度だろ」とナメてかかってましたが、認識が甘かったですねw

というわけで、もうしばらくはこのゲームにかかりっきりになりそうな気配。





さすがに生存報告くらいしといた方がいいかな(爆

3/7(日)
2週間ほど更新をサボって放置してしまいました(汗

実は、ついにというか今更というか、ニンテンドーのDSiを買いまして。いや、急にQMAがやりたくなって、思わず衝動買いしてしまいました。

で、現在デュエルセイヴァージャスティスを一旦ストップしてちまちまとゲームをやっています。

正直それまでは「DSなんて子供のおもちゃだろ」とバカにしてたんですが、完全に侮っていましたね。ニンテンドー恐るべし。

というわけで短いですが今日はここまで。これからまたゲームしてきます。ではでは。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
よかった、生きてた(笑)。
ご無沙汰でした。DS中ですか。
それはなにより(?)。

自分でやってみてわかった、
ブログて大変だわ(笑)。

落ち着いたらまたコメに伺います。
約1ヶ月後(笑)。
mata
2010/03/08 21:57
mataさんへ
いやホント、DSハマると他のこと目に入らなくなりますね。ゲームののめりこみ方のベクトルがえろげと全然違います(←当たり前

>ブログて大変
僕も始めた頃は右も左も分からず大変でした。今も大して変わりませんが(汗

>約1ヶ月後
お待ちしておりますw
miya
2010/03/10 23:33

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
備忘録3月 王様の耳は/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる